お客様に必要なものだけをご提案し
すべてのお客様に貢献していきたい
パーソナルトレーナーから180度転換し
外資系金融機関へと踏み出したその想い

小池 健斗Kento Koike

1990年8月15日 横浜出身。
大学卒業後、フィットネスジムのトレーナーとして就職し、 その後、外資系金融機関よりヘッドハンティングを受け転職。社内の表彰において初年度入賞を果たす。

小池 健斗Kento Koike


1990年8月15日 横浜出身。
大学卒業後、フィットネスジムのトレーナーとして就職し、 その後、外資系金融機関よりヘッドハンティングを受け転職。社内の表彰において初年度入賞を果たす。

PROFILE

パーソナルトレーナーから180°転換し、初年度、社内表彰において入賞基準を達成した小池健斗氏。 現役で活躍中の彼が歩んできた人生を追うとともに、これまでの彼の経歴や、仕事に対する在り方をここにご紹介させていただこう。

お客様へ貢献できる人間に

お客様へ貢献できる人間に

パーソナルトレーナーから
180度転換した理由とは

パーソナルトレーナーから180度転換した理由としては、2つあります。
1つ目はお客様にトレーニング以外でも貢献できる人間になりたかったからです。
トレーニングをお客様に教えている時はめちゃくちゃ楽しかったですし、
僕の好きなことを仕事にしていたので正に天職でした。
しかし、パーソナルトレーナーはお客様の健康面をサポートする事はできますが、
それ以外の事は蚊帳の外という感じでした。
お客様の会話の中でも、トレーニングや食事に関してはアドバイスすることが出来ても、
それ以外で力になれていないのが、どこか遣る瀬無さを感じていました。
僕はお客様が大好きなので、そのお客様にトレーニング以外の事でも
サポートできる人間になりたいと思ったのが1つ目の理由です

2つ目は、自分の人生のキャリアにおける視野を広げたかったからです。
転職するまでの27年間、スポーツをしなかった年は無かったほど、
スポーツやトレーニングに励んでいました。幸いにも両親がスポーツだけではダメだと、
文武両道を重んじてくれたおがげで、一応勉強もしていました(笑)
ただ、何かとスポーツに打ち込んでいたため、自分で自分の道を狭めてしまっていた事に
27年間経った時に気づき、スポーツの事だけではなく、
様々な分野に携われる仕事をしたいと思ったのが2つ目の理由です。


パーソナルトレーナーから180度転換した理由としては、2つあります。 1つ目はお客様にトレーニング以外でも貢献できる人間になりたかったからです。 トレーニングをお客様に教えている時はめちゃくちゃ楽しかったですし、 僕の好きなことを仕事にしていたので正に天職でした。 しかし、パーソナルトレーナーはお客様の健康面をサポートする事はできますが、 それ以外の事は蚊帳の外という感じでした。 お客様の会話の中でも、トレーニングや食事に関してはアドバイスすることが出来ても、 それ以外で力になれていないのが、どこか遣る瀬無さを感じていました。 僕はお客様が大好きなので、そのお客様にトレーニング以外の事でも サポートできる人間になりたいと思ったのが1つ目の理由です

2つ目は、自分の人生のキャリアにおける視野を広げたかったからです。 転職するまでの27年間、スポーツをしなかった年は無かったほど、 スポーツやトレーニングに励んでいました。幸いにも両親がスポーツだけではダメだと、 文武両道を重んじてくれたおがげで、一応勉強もしていました(笑) ただ、何かとスポーツに打ち込んでいたため、自分で自分の道を狭めてしまっていた事に 27年間経った時に気づき、スポーツの事だけではなく、 様々な分野に携われる仕事をしたいと思ったのが2つ目の理由です。


すべてのお客様に最適なご提案を

すべてのお客様に最適なご提案を

お客様に喜んでいただける仕事の魅力

前職パーソナルトレーナーと類似していることとしては、
お客様の要望に沿って仕事が出来ることです。
特にお客様に必要なものだけをご提案できる事がお客様からも喜んで頂いています。
お客様からは、保険の考え方が変わった、
小池さんが担当で良かったですと、数多くの有難いお言葉を頂いています。
また、僕の話を聞いて満足して頂いた方から、
その方の大切な方やご友人をご紹介して頂き、
この仕事をしていないと出会えない方とお会いする事ができるのも、この仕事の魅力でもあります。

前職パーソナルトレーナーと類似していることとしては、 お客様の要望に沿って仕事が出来ることです。 特にお客様に必要なものだけをご提案できる事がお客様からも喜んで頂いています。 お客様からは、保険の考え方が変わった、 小池さんが担当で良かったですと、数多くの有難いお言葉を頂いています。 また、僕の話を聞いて満足して頂いた方から、 その方の大切な方やご友人をご紹介して頂き、 この仕事をしていないと出会えない方とお会いする事ができるのも、この仕事の魅力でもあります。

保険の考え方を変える

保険の考え方を変える

本当にその保険は安心でしょうか

生命保険に対してどんなイメージがありますか?とお聞きすると、
大事なのは何となく分かるがよく分からない、保険は結婚してから入るもの、 会社で入っているので何となく入るもの、中には保険なんて興味がないなど、様々な意見をお聞きします。
ただ、共通して言えるのはあまり良いイメージがないということです。

そんなあまり良いイメージがない保険に、日本人は約90%の方が加入しているのも事実です。
要するに、もし万が一の事が起きた時のために、
ほとんどの方がなんとなく入ってしまっているということです。
僕は人生で2番目に高い買い物と言われている保険に対して、
なんとなく入ってしまっている人に、本当にその保険で安心ですか?と聞いても、
しっかり考えて入ったので大丈夫ですと言える方を増やす仕事をしています。

しかし、生命保険というのは目に見えない商品ですし、
もし万が一というマイナスなイメージが先行してしまうので、皆さん保険を考える事を後回しにしがちです。
僕は1人でも多くの方の生命保険に対する考え方を変えて、
その方に合わせて寄り添って一緒に考え、しっかり納得された上で 保険に加入している方を増やしていくという想いで、日々色んな方にお会いしています。

余談ではありますが、おかげさまで初年度は多くの方から大切な保障をお預かりし、
社内の表彰で入賞することができました。これは僕に会って下さった方、
僕に大切なご家族、ご友人、同僚の方をご紹介して下さった方、
僕の事を応援して下さる方のおかげだと思っております。本当に感謝しております。
今後も1人でも多くの方にお会いし、保険の考え方を変える世直し活動をして参ります。

生命保険に対してどんなイメージがありますか?とお聞きすると、 大事なのは何となく分かるがよく分からない、保険は結婚してから入るもの、 会社で入っているので何となく入るもの、中には保険なんて興味がないなど、様々な意見をお聞きします。 ただ、共通して言えるのはあまり良いイメージがないということです。

そんなあまり良いイメージがない保険に、日本人は約90%の方が加入しているのも事実です。 要するに、もし万が一の事が起きた時のために、 ほとんどの方がなんとなく入ってしまっているということです。 僕は人生で2番目に高い買い物と言われている保険に対して、 なんとなく入ってしまっている人に、本当にその保険で安心ですか?と聞いても、 しっかり考えて入ったので大丈夫ですと言える方を増やす仕事をしています。

しかし、生命保険というのは目に見えない商品ですし、 もし万が一というマイナスなイメージが先行してしまうので、皆さん保険を考える事を後回しにしがちです。 僕は1人でも多くの方の生命保険に対する考え方を変えて、 その方に合わせて寄り添って一緒に考え、しっかり納得された上で 保険に加入している方を増やしていくという想いで、日々色んな方にお会いしています。

余談ではありますが、おかげさまで初年度は多くの方から大切な保障をお預かりし、 社内の表彰で入賞することができました。これは僕に会って下さった方、 僕に大切なご家族、ご友人、同僚の方をご紹介して下さった方、 僕の事を応援して下さる方のおかげだと思っております。本当に感謝しております。 今後も1人でも多くの方にお会いし、保険の考え方を変える世直し活動をして参ります。

Photo and Written by Junya Okubo